通貨ごとの収支状況とトラリピでの収支報告(2020年8月)

トラリピ

 現在、僕のポートフォリオで稼ぎ頭となっているトラリピでの収支や設定変更を、備忘録も兼ねて綴っていきます。(どうして設定変更したのか忘れちゃうから(;’∀’) 戒めも兼ねて)

今回はトラリピ開始から約一年経過し、各通貨ごとに収支はどうだったか?を纏めてみました。

トラリピは2019年9月より開始しました。コロナショックでは開始後日が浅く、まだポジションをそう多く持っていなかったこともあり、無事に乗り切っています。その際に安全のため追加投資を行い、現在は610万円の元金で運用中。一時は含み損も大きくなりましたが、その甲斐あって、2020年3月は100万円を超える利益を出すことができました。

収支は成立履歴から、グラフはトラリピ「資産推移グラフ」を参照しています。
 収支金額とグラフの金額には受け渡し日の乖離があるため多少の誤差が発生します。グラフの更新日は下の画像に表示しています。
 グラフに反映されている収支は2営業日前の決済が反映されているようです。

8月の収支

トラリピ

売買損益   : 186,803円

スワップ損益 : -1,136円

トラリピ計   : 185,667

裁量(手動)

売買損益   : -39,049円

スワップ損益 : -2,633円

裁量計    : -41,682円

合計

8月収支 合計 143,985円

数字で見ると、トラリピで稼いで裁量で失敗しているのがよくわかりました。黙ってみてたら月20万円近く勝手に稼いでくれてたのに・・・・

月別

トラリピ月単位損益グラフ
トラリピ月損益

 通貨ペアごとの損益

トラリピ通貨別月収支
通貨別収支

カナダドル円をトップにEUR/JPY、米ドル円が続いています。感覚としては米ドルは動きが少なかったと感じていたため、ちょっと意外。

トラリピポジションサマリ
ポジションと評価損益

2020年9月6日現在の評価損益、スワップの合計は -1,293,045円 でした。トラリピはポジションを貯めてから決済に動くのでこのくらいの評価損は適正と考えています。

コロナショックの時に建てた102円前後の売ポジションのマイナススワップ積み上がりが痛い

トラリピ設定変更・・・「一時変更」

追加・削除通貨ペア売買レンジストップロス1本あたり本数
追加NZD/JPY60.016 ~ 70.00072.5001,000円25本
トラリピ設定一時追加

 ニュージーランドドル円が週足で下降トレンドの上限と見て、下がったところでトラリピ発動するよう設定してみました。ただし、月足だとレンジ中間くらいなので一時的な設定として様子見します。

もしこのままレンジに入らず円安方向へ動いた場合は削除予定。

通常注文中・・・1件
・ポンドドル買い・・・評価損益 -4,555円
 指値  1.4
 逆指値 1.303

*私見での相場感で運用しています。相場は自己責任。真似してケガをしても責任はとれません。僕が傷を負ったら慰めてください(*´Д`)

コメント